PHPがいい理由

何かWEBサービスを作ろうと思った時、何の言語で作ろうかなと思いますよね。

私は、仕事でC言語とJavaを使っていたのですが、
システムエンジニアって、最初はプログラムをガリガリやるんですが、
だんだん、設計しかやらなくなったり、お客様からシステム化の要望を聞いたりするだけになったり、
という感じで、プログラムから離れていたところ、すっかり忘れてしまう^^;

もう一度プログラミングをしようと思った時に、PHPを選びました。

なぜPHPなのか、理由は?

  • 「使っている人、事例が多い」

→ ということで、ネットを探せばサンプルもたくさんありますし、書籍も多いです。
→ やりたかったAmazonAPIを使ったウェブサービスがPHP対応していた。

  • 「教育コストが低い、コンパイル不要」

→ JavaScriptに近い感覚の言語で覚えやすいし、簡単。
→ C言語やJavaはコードを書いたらコンパイルが必要だが、PHPは不要。つまり楽。

  • 「それなりに動作速度が速い」

→ それなりというか、個人的にはどんなWEBサービスでも問題にならないくらい速いと思います。私は、がんがんAPIを呼びまくり、DBアクセスして長時間動かすバッチ処理的なサービスを作りましたが、全く問題なく速いです。

という感じです。

ただ、とてもお世話になっているチャットワークさん、ものすごい勢いのメルカリさんも最初はPHPでしたが、徐々に切り替えているようなので、息の長いサービスやメリデメを整理した結果、他の言語という選択肢ももちろんあると思います。

チャットワークさんのScalaに乗り換える理由

  • 「フレームワークの種類が多い」

→ フレームワークというのは、こちらをお読みください^^

フレームワークについては別記事で書きますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です