AmazonのAPIとは?APIアカウント登録について

Amazonは、今や言わずと知れば世界最大手のショッピングサイトですね。

AmazonもAPIを用意してくれています。

主に以下の2つです。

Product Advertising API

    これは主にアフィリエイトリンク作成用に使用するAPIです。

マニュアルはこちら

AmazonマーケットプレイスWebサービス

    これは主にAmazonの出品者が使用するAPIです。略称「MWS」です。

マニュアルはこちら

APIを使用するにあたって


使用するにはアカウント登録が必要です。マニュアルのリンク先を開いてみてください。
ProductAdAPIは、アフィリエイト用のAPIだけあってアフィリエイト実績により使用制限があります。
MWS APIは、大口出品者登録が必要です。(有料)

MWSは各国のAmazon毎にAPIアカウントがあります!


例えば、アメリカ(Amazon.com)の出品情報などを取得・更新するにはアメリカのAPI登録が必要で、日本(Amazon.co.jp)の出品情報などを取得・更新するには日本のAPI登録が必要になります。
MWSAPIのAPIアカウントのパターンは、次の通りです。

  • アメリカ(US)、カナダ(CA)、メキシコ(MX)
  • マニュアル

  • ヨーロッパ[イギリス(UK)/フランス(FR)/ドイツ(DE)/イタリア(IT)/イスラエル(ES)]
  • マニュアル

  • 日本(JP)
  • マニュアル

    MWSAPIの登録の前に、まずは出品者としての登録をしましょう!

    アメリカでアカウントを作成しておけば、カナダやメキシコのAmazonに対してもアクセス可能です。
    少し前は、アメリカとカナダは別のアカウントでしたが、最近では統合されています。
    統合前に、別々にアカウントを登録された方は、それぞれのアカウントでMWSAPIアカウントを登録する必要があります。
    統合後に、アメリカの出品者アカウント登録、MWSAPIアカウント登録をした方は、同じMWSAPIアカウントでカナダに対してもAPIを使うことができます。

    ヨーロッパEUについても、例えばイギリス(UK)でアカウントを作成しておけば、他ヨーロッパ各国のアマゾンへアクセスできます。

    ヨーロッパの場合は、イギリス(UK)で出品者アカウントを取得することをおすすめします^^
    なぜなら英語だからです。
    出品者アカウントを登録すると、セラーセントラル(SellerCentral)という管理画面にログインできますが、
    この画面が登録した国がデフォルト表示されます。

    フランスはサイトの表記はフランス語、ドイツはドイツ語になりますので、
    もちろん、お得意な言語の国で結構なのですが、普通だと英語が一番しっくり来ると思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です