外出先でiPad Proでリッチな仕事環境を手に入れることができるのか?

※iOS10時点の記事です。あくまでプログラミングなどを行うような場合のことを記述しております。^^

iPad Pro 10.5inchを購入した

これが迷いの森への入り口だった!かもしれない。

この2017年夏、日本のある島に4日間行きました。

3年前に初めて行き、3Gの電波が入ることは確認済みなので、ネット環境は何とかなるだろうという想定でした。

ところがなんと今年は4G(LTE)が入るではありませんか!

しかも、馴染みの民宿(この島にはホテルなんてありませんっ)にも無料wifiがあったw

ちなみに私はOCNモバイルONEのいわゆる格安SIMでスマホでテザリングしていますが、なんとなんと、ネット環境は問題ないじゃないですか。。

というもの束の間。

仕事用に持参した、MacBookPro 15inch Retinaの電源を忘れましたorz

さてiPad でどこまでできるのかな?

仕方がないので、MacBookProのバッテリーは、緊急のサーバーメンテナンスやプログラム修正のために温存し、それ以外のメールやチャットのやりとりなどはiPadで済まそうと考えたのでした。

しかし!この数日前に初めて買ったばかりのiPad Proは何ができるのか全く知らない状態からのスタートです。

色々Googleさんで調べていたところ、iPadはアプリしか扱えないということが判明w

はい、私のiPadの知識はこの程度でございます。

そうか〜、AppleのHPなんかのiPad Proの説明を読むと、「スーパーコンピューター並みの・・・」とか書いてあったので、ついにパソコンと同じレベルのことが、iPadでできるようになったと錯覚しておりました。

ファイルが開けない〜

私のWEBツールをご使用いただいているユーザー様からの問い合わせで、動きが分からなかったので、ツールが出力するログファイルをチャットワークに貼っていただいて、それを見ようと思いました。

info.log

こんな名前のテキストファイルでございます。

チャットワークからダウンロードして、タップするも・・・開けね〜^^;

何も見えね〜orz

iPad Proよ。 この程度か。

普通のでいい! テキストファイルエディターカモン! メモ帳カモーン!

App Storeでテキストファイルエディタを探す

ない。無い。ナッシング。

パソコンと同じ感覚でいてはいけません。

ほぼ、そのようなテキストエディタアプリは存在しておりません。

あくまで、iPadでメモ、文章を書くためのものでございます。

.log なんていう拡張子のファイルなんて開けません。

しかも、ダウンロードしたファイルどこ行った?

タップしてダウンロードしたはずのファイルは、iPadの中のどこに保存されるのか分かりませんが、ファイル管理の仕組みがない(将来のiOS11で対応?)ので、ファイルがどっか行ってしまいます。

で、何とかDocument6なるファイル管理アプリを入手。

ついに、info.logを開けた!

。。と思ったら、文字化けorz

UTF-8で日本語がダメだったようです。

万事休す。

結局、MacBookProのバッテリーの様子を伺いつつ、障害対応をなんとか完了しました。

※2017/9/27現在、iOS11がリリースとなり、ファイル管理機能が追加になりました。csvファイルくらいなら開けることは確認しました。
その辺りの使い勝手はまた別の記事で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です