iPad Pro 10.5のスピーカーもいいけど、Anker の Bluetoothスピーカーで鳴らしたらもっと良かった話

その名も

Anker SoundCore Boost

こちら

アクション映画〜ミュージカルまで

何と言っても、映画館サウンドっぽい重低音で迫力があります。

戦闘モノだと、ドーン!とドドドドと爆発音や銃声の低音が響いて、飛び散った破片や金属の薬きょうがチャラチャラとしたガラスや金属片のキンキンした音が飛び出してくる感じですね。

通常モードでも十分ですが、

BoostUpボタンを押すと、凄みが増します。

それもいやらしい重低音ではなく、気持ちがいいです。

iPad Proの素のスピーカーもいいのですが、

このスピーカーで映画を見ていると

シアターの迫力感が増し、映画に没入できる気がします。

お手頃なサイズ感

思ったよりも小さめでしたが、

音的には、もっと大きなスピーカーなのでは?

と思うほど、余裕がある感じがします。

使用場所は?

バッテリー駆動、Bluetoothでコードいらずなので、

ノートPCやiPadやスマホと組み合わせて、外出先で活躍しそうです。

車の車内で活用してます

私は車でも活用してます。

車の助手席ヘッドレストの付け根に取り付けられる、iPad Pro 10.5用のホルダーを購入。後部座席で映画やテレビを鑑賞できるようにしました。

車のスピーカーに繋ごうとiPadのミニジャックアクセサリーなどを購入するも、車が15年落ちでナビも古く、外部接続がうまくできませんでした。

iPad Proのスピーカーでしばらく様子を見ていましたが、走行音などもあり、音量を大きくしないと、後部座席の子供達からブーイングの嵐です。でも、音量をあげると、助手席の妻と運転席の私は耳元で大音量なので、たまりません!

そこで、Anker SoundCore Boostの登場ということです。

運転席と助手席の間の床にそのままAnker SoundCore Boostを設置、、と言ってもただ置いているだけですが、普通に車を運転している分には固定させたりしなくても、倒れたりズレたりしませんでした。

ある程度重量があるのも良いのかもしれませんし、最近、丸型のスピーカーも他社から出ていますが、Anker SoundCore Boostは、横長ですし、高さも低いので安定しているのではないかと思います。

自宅や実家で活用!

自宅や実家で映画やテレビが見たくなったら、iPad と Anker SoundCore Boostをリビングの机に置くだけで、手軽にシアター環境が整います。

悪いところはないのか?

低音に調整してあるということもあると思いますが、

さすがに真横にいると、こもった感じがあります。

やはり正面で見るべきでしょうね。

また、当たり前ですが、音がなっている最中に本体に触るとそれなりに振動しています。

しかし、スピーカーを置いている木製の机がビビったりなどはありません。

低音重視のため、音に気をつけなければならない環境でお使いの方は注意が必要です。

Ankerって?

似ている名前の企業で、かつ似ている製品を販売している会社が多数ありますが、Ankerは日本の企業です。

Amazonだけで販売するという潔さで運営しています。

他にもAnker製品を購入していますが、とても良い出来だと思います。
デザインも良いですし、性能も申し分ありません。

モバイルバッテリー
車のシガーから電源を取るためのプラグ
USBケーブル
などを購入しました。

Amazonが主戦場ですので、AnkerはよくAmazonのタイムセールに出品してくれます。

年に何度も割安に購入する機会があると思いますので、たまにチェックしてみると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です