amazonで物を売るまとめ

amazonで販売ってどういうこと?

amazonにはamazonが販売している商品もたくさんあるのですが、マーケットプレイスと言って、個人や法人がamazonと同じように販売することもできます。
例えば、こちらの商品。
実はたくさんの方が出品しています。どの人から買うか選ぶことができます。

価格や発送期間などはそれぞれです。
amazon自体が販売していなくても、他の販売者から買っても特に問題はありません。
価格やどのくらいで届くのか、今までの評価などを参考に購入するでしょう。
補償内容もamazonと同じです。
販売者によって、「梱包がしっかりしている」「商品の説明を同封している」など特色もあると思います。

amazonで販売すると何が良いのか?

集客力

やはりamazonの集客力はすごいものがあります。

発送が速い!?

amazon=翌日届く という思いがあると思います。
実際にそのとおりです。
prime(プライム)会員は、primeマークのある販売者から無料で速達で届きます。
(一部を除き)
ただし、上記の通り、いろいろな販売者がいますので、発送時期は様々です。

発送が速いのはFBA登録している販売者

FBA=フルフィルメント by amazon
とは、アマゾンが「倉庫+発送拠点」を持っていて、販売者はそこにあらかじめ販売する商品を納品しておくと、amazonのサイトで売れたら、自動的にその倉庫から発送してくれるサービスです。
倉庫に置いておく手数料と発送梱包手数料が別途かかります。

そのため、発送がとても速いです。
販売者も急いで梱包する必要がないですし、購入者も速く届いて嬉しいというわけです。
primeマークがついているのはこのFBA登録されているものになります。
primeマークがないのは、販売者が自社で発送するものになります。

FBAは楽

売れ筋の商品であれば、たくさん仕入れてFBAにあらかじめ納品しておけば、勝手に発送してくれるため非常に楽チンです。
発送中のトラブルなどもアマゾンが処理してくれます。

他のセラーと混合在庫は注意

FBA納品は、販売者の管理画面「セラーセントラル」から手続きできます。この時、「混合在庫」か「そうでない=自分だけの在庫」かを選択する画面があります。
混合在庫とは、同じ商品を販売する他の販売者の商品と一緒に保管され、発送時はその中から発送されるので、自分が納品したものではないものが発送される可能性が高いです。
その代わり、納品時にバーコードラベルを貼ったりする手間が減るようです。
しかし、混合在庫にはしてはいけません。
不良品を平気で納品する販売者もいたりします。
それを自分のお客様へ発送されれば、クレームになり返金になるので、手間や手数料分がマイナスになる上、お客様から低い評価を受ける可能性が高いです。

システム化、ツール化しやすい

この分野はシステムエンジニアの私の得意なところです^^

amazonはデータのやり取りをできるようにしてくれています。

データを渡す、データをもらう

大きくは2つあります。
⑴アマゾンから「データをもらう」
⑵アマゾンへ「データを渡す」

データをもらうというのはどういうことかと言うと、
アマゾンはASINという数字とアルファベットの組み合わせ10桁の文字列を商品ごとに付ける決まりになっています。
そして、商品ごとに、
・商品名
・商品の長さ、重さ
・現在の最低価格
・現在のカート価格
・出品者の数
など、これはほんの一部ですが、データ化されています。
それをもらうことができます。

データをもらって何が良いか

例えば、販売するときに販売価格というのは大切な売るための要素ですが、ライバルの価格をもらうことにより、自分の販売価格と比べて分析して販売価格を変えたり、利益計算をしたり、またライバルの数を把握して、販売計画を立てたり、アイデア次第で色々使えます。そして、ロジックさえ考えてしまえば、それをツール化して、自動的に計算をしたりなどできます。

自分の販売情報をもらう

自分がアマゾンで販売した(注文を受けた)情報も受け取ることができます。
注文情報には、お客様の発送先住所や、何を販売したかなどの情報が入っています。
FBAを使っている場合は、それほどリアルタイムには必要ないかもしれませんが、例えば、自社発送の拠点をお持ちの方であれば、販売したらそれを発送しなければなりませんので、商品のピッキングや送付状の準備などが必要です。
こちらも、発送スタッフが効率よくそれらの情報を手に入れ、作業できるようツール化することができます。

また、販売実績から後の経営にも役立つ情報となると思います。

データを渡す

データを渡すというのはどういうことかというと、
例えば、出品のとき、1品1品出品作業をしてもいいですが、多くの商品を扱っている方がほとんどのはずです。

その場合、大量一括出品ということができます。
アマゾンのヘルプ画面に置いてありますが、一括出品用の所定のフォーマットのエクセル(CSVファイル)があります。
こちらに、必要な情報を記入して、セラーセントラル画面でファイルのアップロードを行うとファイルに記述した商品が出品できます。

また、ツールと連動させて、例えば、上記の「データをもらう」のところに書いたように、価格設定などをツールで自動的に行い、さらに、自動的に一括出品をすることができます。
そうすると、何もしなくても毎日自動的に価格改定を行うということもできます。

はっきり言って、今現在ではツールを使わずにアマゾンでライバルに勝つというのは難しいと思います。

もちろん、自社開発の商品で、自分しか販売できないような商品でしたら、全く問題ないと思います。

どうやってツールを用意するのか?

このようなツールを作るには、プログラミングの技術が必要ですが、今は簡単に外注さんに作ってもらうことができます。

ただし、注意点があります。
プログラマーやシステムエンジニアは、ツールは作れますが、物販やamazonのことを知っているわけではありません。

ですので、どういうものを作って欲しいのかを伝える必要があります。

しかし簡単ではない(と思います)

システム、ツール開発というのは、このアマゾンに限らず、世間一般でいろいろなものが開発されていますよね。

昔から言われているのですが、「こういうの作って!」と言って最終的に出来上がったものは、依頼者の思いとは180度違うものに”なりがち”ということです。

依頼者はプログラムのことを知らないし、エンジニアは、物販のことを知らないからです。
また、依頼者はエンジニアに伝わるような言葉でやりたいことを表現するのが非常に難しいからというのもあると思います。

ですので、どちらもお互いの領域に入っていく必要があると思います。

物販で稼いでいる人のツールを使った方が早い

自分の宣伝になります(笑)が、これは本当のことです。

はっきり言って、私はエンジニアですが物販もやってきて両方知っています。
そして、物販でめちゃくちゃ稼いでいる立石さんと組ませていただき、そのエッセンスを惜しみなくツールにつぎ込んでいます。

それでも試行錯誤の連続で早くも2年が経過しています。

自分で言うのもアレですが(笑)、
このタッグでも、これだけ時間がかかっていますし、
開発費用も安くはないです。

これをあなたは一からやりますか?
と言うことなのです。

また、「そのツール本当に稼げるの?」と言う疑問があると思いますが、
本人も使っていますし、ツールをお披露目する前に必ずモニターさんにしよういただいて、本当に実績が出てから、皆さんにご提供しています。bonito塾と連動していて、生徒さんも実績を挙げられています。
なので、もちろん実績ありです。

そして、月額制ですが、他の塾のツール代に比べて激安です。
いや、月に稼げる額が実績ベースで50〜80万円なのに、1万円とかでかつ塾もついて、塾長の有澤先生と立石先生が常に最新の情報を教えてくれると言う羽振りの良さです。
また、ツールの能力は他のものより、ダントツにリードしていると思っています。

多分本当は、月10万円、20万してもいいと良いと思っていますが、
立石さん、有澤さんが聖人なので仕方がないです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です